愛しい!双子の♡ぼーや達

双子を授かるという奇跡のような体験をし、双子を育てるという奇跡のような日々を送っています。楽しいことばかりではないけれど、双子がいる生活はやっぱり嬉しくて、やっぱり幸せ♡そんな我が家の双子の様子を綴っていくブログです。

腸閉塞の恐ろしさ*

双子を出産した時のお話です。

 

辛く苦しい後陣痛が少し和らいだ、産後2日目。

 

腸閉塞にならないように、早速歩行開始です。


さぁ立ちあがろうとした時。


傷口の痛みではない、傷口を何かで引っ張られているような重い痛みを覚えます。

 

い、痛い!!!!


おそらく顔が真っ青だったのでしょうね。


看護師さんが、慌てて歩行を中断させ、すぐに医師を呼んでくれました。


医師がお腹を触り、曇った表情で言いました。


腸閉塞になりかけてますね。


点滴でお薬入れましょう。

 

えっ??


また点滴??


今日やっと外れるはずだったんですよ。。


そして点滴を繋いだまま、すぐにレントゲンを撮りに行きます。


もちろん引き続き手の甲です。


これがまた、レントゲン室まで遠い。。


言うまでもなく、この間も子宮がめちゃくちゃ痛い!!!!

 

恥ずかしげもなく、声を出して悶えながら、車椅子で移動します。


レントゲンの台に登るのも一苦労。


動く度に激痛が走り、また叫びます。


部屋に帰った時にはもうグッタリでした。


夕方、レントゲンの結果が知らされます。


結果、お腹の中が真っ白だったとのこと。


つまり、ガスが溜まっているということです。


ガスが出るまでは絶食。


このままガスが出なければ、退院出来ないどころか、鼻からチューブをいれなきゃいけなくて。


ガスを出すためには、とにかく歩くしかないのだそうです。


長男のためにも、何としてでもガスを出して退院しなければ!!


私は痛みを我慢して、とにかく歩きました。


痛くても、辛くても、歯を食いしばって。


医師からも、無理しなくていいよと言われるほどに。


とにかく歩き続けました。


夫と長男が待つ家に早く帰りたい。

 

 その一心でした。